Header image  
健康 肝機能改善 活性酸素  
line decor
  
line decor
 
 
 
 

 
 

セサミン コレステロール 二日酔い

セサミンにはコレステロールを下げる効果もあります。
血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が多くなりすぎると、動脈硬化になり、 やがて脳卒中や心臓病などを引き起こす原因となってしまいます。

肝臓で血液中の脂質は脂肪酸として摂り込まれます。 脂肪酸はさらに分解されて エネルギーとなり、また中性脂肪(トリグリセリド) が合成されて、血清リポタンパク質 の形で再び血液中に放出されます。

そして、これが血液中をめぐる過程で脂肪組織などに蓄えられます。
セサミン以外の抗酸化作用のある物質では水溶性のものが多く、 肝臓まで届かないものも多いですが、その中でセサミンはきちんと肝臓に届きます。

そしてセサミンが、血液中の脂質を減らしてくれることがこの10年くらいの研究でわかってきたのです。 また、セサミンは二日酔い防止にも効果があります 飲んでいるときは楽しく、おいしいお酒でも、そのしわよせは翌日にやってきます。

いわゆる二日酔いですね。 二日酔いは、吐き気や頭痛などだけでなく、アルコールの分解を行う肝臓にもかなりの負担をかけています。 この厄介な二日酔いの予防におすすめなのがセサミンです。
セサミンは肝機能をよ増強し、アルコールの分解を促進してくれます。 アルコールは体内に摂取されると、肝臓においてまずアセトアルデヒドという物質に分解されます。

さらに酢酸に変化し、その後、水と炭酸ガスに分解されます。 しかし、アルコールが過度に摂取されると分解が遅れ、アセトアルデヒドが体内に残ってしまいます。
この状態が二日酔いです。 セサミンは、このアセトアルデヒドの分解を促進します。

つまりセサミンは、肝臓の負担を軽くし二日酔いを防ぐ働きがあります。 ということは、セサミンを含むゴマの料理お酒の肴にすればいいかも知れません。